国内を移動するのに格安航空券がいいってホント?

国内を移動するのに格安航空券がいいってホント?

格安航空券のメリット・デメリットを知っておこう!

格安航空券はその名の通り、格安で飛行機に乗ることができるチケットです。最大のメリットは、通常の航空券より安価な金額で飛行機に搭乗できることなのですが、デメリットも知っておきましょう。格安航空券は、安くなっているがゆえにさまざまな制約があります。それはチケット購入時に搭乗する飛行機の日時が決まっていることです。格安航空券は、団体のパッケージ旅行をバラ売りしてますので、日時が決まった状態で販売しているのです。またキャンセルは基本的に困難と思っておきましょう。キャンセルできても、キャンセル料金が通常航空券よりも高くついてしまうことがほとんどです。このメリット・デメリットを知っておくことで、状況にあった航空券の買い方ができるでしょう。

一番良いのは、格安航空券と通常航空券の使い分け

通常航空券は、いわゆる普通に航空会社が販売している航空券になります。早めに航空券を購入することで割引されたりしますが、格安航空券の金額には敵いません。しかし通常航空券は日時の変更に融通がきいたり、キャンセル料金は搭乗日が近くなければ無料ということが大きなメリットなのです。例えば、曜日は確定していないが旅行にいく時期が決まっているので移動手段は確保しておきたい、といった場合は通常航空券を購入した方が良いといえます。これを日時の決まっている格安航空券で移動手段を確保していると、予定していた日程が変更になった場合、キャンセル料金を払ったうえで、新たに航空券を購入することになります。そうすると通常航空券よりも高くついてしまった、ということになりかねません。格安航空券は金額的にもとても魅力的ですが、状況に応じて通常航空券を使い分けることが賢明な方法といえます。