格安航空券ってなに?普通の航空券との違いを解説!

格安航空券ってなに?普通の航空券との違いを解説!

根本的な違いと割引率の違い

格安航空券と普通の航空券の根本的な違いは、チケットを扱っているところの違いだと言えます。まず格安航空券は、旅行会社が、航空会社から仕入れた団体旅行用の割引チケットを個人向けに販売しているものなので、旅行会社でしか購入出来ません。一方の普通の航空券は、航空会社が直接販売しているチケットになるため、航空会社と旅行会社のどちらからでも購入することが出来るのです。そして格安航空券は、その名の通り格安で購入出来ることが大きな特徴です。普通の航空券は、割引が出来る場合でもその割引率は10~30%程度にとどまります。しかし格安航空券の場合は、50~70%程度も割引が行われるため、圧倒的に安くすることが出来るという違いがあると言えるでしょう。

その他にも知っておきたい違い

その他の違いについては、格安航空券と普通の航空券とでは機内サービスが違う場合が多いと言えます。格安航空券の場合は、機内サービスに制限があるため有料サービスが多くなると言えるでしょう。そして両者には、預入荷物の最大重量にも違いがあります。格安航空券の場合は、重量の制約が厳しいため、少し重量オーバーしただけでも追加料金が取られることもあるので注意しましょう。さらに予約手数料に関しても、格安航空券には数百円~数千円程度の手数料がかかる場合があるのに対し、普通の航空券の場合は手数料自体がかからないこともあるという違いがあります。また、普通の航空券は予約変更が可能ですが、格安航空券の場合はそれが不可能であり、キャンセル対応のみになるという違いがあるため注意が必要でしょう。